7月, 2016年

軟水と硬水の事

2016-07-05

綺麗な水といえば安全で美味しく飲める水のことを指している人もいると思いますが、水には種類があり、ご存知の人も多いかもしれませんが、軟水と硬水があります。軟水と硬水、この違いはなんとなくしかわからない人もいるかもしれませんね。マグネシウム、カルシウムの含有量により硬度が決定されますので、それによって軟水と硬水の違いがあるのです。量が豊富に含まれているのが硬水で、そして量が少なければ軟水という区別です。軟水は飲めばとても口当たりがマイルドでやさしい印象を受けます。だし汁をとる、日本料理などを作るのにぴったりでお米をたく際にこの水を使うと美味しく炊けるということがわかっています。
硬水は飲むとひかっかるような飲みにくさを感じると思いますし、どこか硬さを感じるでしょう。これはミネラル、カルシウムが豊富に含まれている証拠で運動をしている人、スポーツの後の栄養補給にはぴったりですし、慢性的な便秘で悩みを抱えている人にとってもお勧めです。
ちなみに日本の水はもともと軟水です。そしてヨーロッパなどの水は硬水です。飲んだ際ののど越と含まれている成分によって違いますので、どちらが好みかは人によって違いますから選ぶ際に参考にしてみてください。

水道水との違いはどこ?

2016-07-05

綺麗な水を飲みたい人はウォーターサーバがいいですが、水道水との違いはどこにあるのでしょうか。普通の水道水の中には消毒をするためにカルキを入れますので、においが気になる人も多いと思います。そして人体に必要となるミネラルも考慮して含まれているわけではありませんので、ミネラル摂取や健康のことを考えると水道水はいい水とはいえません。しかしウォーターサーバーの水はミネラルが豊富に含まれていますので手軽にミネラルを取り入れることもできます。
人にとって必要となる亜鉛を手軽に摂取することもできますので、そのメリットは大きいでしょう。亜鉛が体の中に不足をすれば抜け毛にもつながりますし味覚障害になることもありますから摂取をお勧めします。毎日の食事でなかなか十分な量を取り入れることは難しいですが、綺麗な水が出てくるウォーターサーバーを利用すれば手軽に飲むことができるというメリットがあるのです。
最大のメリットといえばやはり新鮮で美味しく綺麗な水を確実にウォーターサーバーをひねれば出てきて飲むことができることでしょう。水道水は消毒をして綺麗にはなってますが、別の意味であり体にとって安全とは言い切れませんから注意が必要です。

水の種類について

2016-07-05

ウォーターサーバーの会社によって提供されている水も色々とありますが、誰でも綺麗な水を飲みたいと思っているでしょう。会社により種類は色々ですが商品が水なので、自分好みの水で綺麗な水を選びたいと思っている人が大半です。種類としてナチュラルウォーターは人気ですが、こちらは、特定水源からくみ上げている天然の水を基にした自然由来です。未加工ではないのですが加熱殺菌をしている水としていない水にわけられます。
ナチュラルミネラルウォーターも綺麗な水の種類の1つです。これはナチュラルウォーターともいえるのですがミネラルが豊富で味があり健康への効果も期待されています。ナチュラルウォーターの中にミネラルが入っていると考えるといいでしょう。そしてミネラルウォーター、こちらはナチュラルミネラルウォーターを加工したものだと考えると理解しやすいでしょう。ミネラル含有量をコントロールしているのが特徴です。それ以外にはボトルドウォーター、RO水、ピュアウォーターなど種類があり、これらすべて綺麗な水として安全面でも安心して飲むことができるといってウォーターサーバーの会社では提供しています。どれを選ぶのかは自分の好みなどで選んでもいいでしょう。

メンテナンスをしっかりと

2016-07-05

安全性に優れていて体にとっていい水をいつでも飲めるようにするために、ウォーターサーバーを家庭に導入している人も多いです。上手にきれいな水をいつでも飲めるようにするためには、メンテナンスをしっかりと行う必要があります。メンテナンスをすることは重要ですが、もしメンテナンスが面倒な人は最新式メンテナンス不要の機器を利用すればいいでしょう。そうすればメンテナンスフリーですから負担なく綺麗な水を飲み続けることができます。
ウォーターサーバーを清潔に保つことが重要なことですが、メンテナンスが不要の機種であっても、1年を目安に買い換える、もしくは交換してもらうのがいいようです。メンテナンスフリーだからといって5年も10年も清潔を維持することができるはずがないのです。今使っている特定のウォーターサーバーが、1年たってメンテナンスフリーだったとしても、その時点で一度メンテナンスしてもらうか、別の機種に変えるなどの処置をして、いつでもきれいな水を飲むことができるようにしたほうがいいでしょう。定期的に機器を買えれば、メンテナンスフリーでも常に安全な水、綺麗な水が飲み続けられます。メンテナンス不要という言葉だけを信じ本当に数年もメンテナンスをしなければ汚れが出てきますので気をつけましょう。

ウォーターサーバーの汚れ

2016-07-05

せっかくコックをひねれば綺麗な水がいつでも飲めるウォーターサーバーを設置しているはずなのに、それが残念な結果になっていることがあります。綺麗な水は飲んでいればとても美味しいし健康的に思えますが、綺麗な水を飲むにはウォーターサーバーがもちろん1番ですがもし、そのウォーターサーバーが汚れていたら?メンテナンスは十分できていなかったら?そこから出てくる水はとても汚い水ではないでしょうか。
ウォーターサーバーをお持ちの方、しっかりとお手入れしていますか?
特に長年使っている方、ずっと放置していませんか?
ウォーターサーバーの中の汚れは中々気づきにくいです。自分でメンテナンス周期を決めてお手入れを行った方が忘れにくいかもしれません。
従来の古いウォーターサーバーの場合には構造はとてもシンプルで水のボトルを差し込むのみのタイプでした。サーバーには特殊なクリーニング機能はありませんから普段の洗浄と定期的なメンテナンスが必要です。そしてボトルは空気が入りやすくて雑菌の繁殖は水の劣化なども考えられましたから決して綺麗な水が必ず出てくるとは言い切れなかったのです。
しかし最近は空気が入らないものも多く出回っていますし、最新式のサーバーに関してはオートクリーニング機能の搭載されているタイプもあります。これなら安心してきれいな水を飲み続けることができるでしょう。綺麗な水が出ていると思っていたサーバーが汚れていたら、ウォーターサーバーから出るお水を飲む意味がありませんのでしっかり洗浄しているかどうか確かめましょう。
メンテナンスに注意して上手くウォーターサーバーを利用しましょう。
そして健康を手に入れましょう。

Copyright© 2010 どんなスペースにもすっきり馴染む人気のウォーターサーバーを使ってみました All Rights Reserved.