Archive for the ‘お水について’ Category

好みの天然水が選べ、おしゃれにウォーターサーバーを設置できる

2016-08-31

産地や種類が選べる天然水

自然のおいしさをそのまま楽しめるよう非加熱処理の天然水にこだわっているところが一番の魅力なのですが、それだけじゃないのが他のメーカーに比べて「クリティア」がすごいと言えるところです。なんと、天然水の種類を3つの産地(水の種類にすると4種類)から選べるんです。硬度や、PH、水の味を左右する重要な要素であるミネラル成分(カルシウムやナトリウム、カリウム、マグネシウム)の異なる4種類から選択可能!

おしゃれにウォーターサーバーを設置できちゃいます

また、選べるのは水だけじゃなく、ウォーターサーバーも4タイプ(計12色)から選べるというからこれもまた魅力。部屋の雰囲気や広さに合わせて、スリムでシンプルなものから、cadoやamadanaとコラボしたおしゃれなデザインのものまで好みをチョイス可能です。

ボトル返却もラクラク

もう1つおすすめなポイントとしては、使い終わったウォーターボトルを返却しなくてもいいところ。毎回毎回面倒な空きウォーターボトルの返却手続きが不要で、使い終わったウォーターボトルは簡単につぶせて他のペットボトルと一緒にゴミとして捨てるだけ。「クリティア」は、好みの天然水が選べ、おしゃれにサーバーを設置でき、手間がかからないという他のメーカーにはない魅力を持ったウォーターサーバーです。

簡単に水素水が作れる、持ち運べるウォーターサーバー

ジームスシルキーは、900ppbもの高い濃度を含む水素水を作ることができます。いわば持ち運びの出来る小型のウォーターサーバーです。通勤通学、散歩、ジムに行くとき、などなど、いつでも持って出かけられます。タンブラーサイズ(約7.5センチ×21センチ)の小型ながら、それほどの濃度の水素水を作れるのはこのジームスシルキーだけです。

最短1分、長くても3分で簡単にできます。コンセントがない場所でも、パソコンを使ってUSBで充電することもできます。充電時間も1回180分と、寝ている間や職場にいる間に充電できるので大変便利です。デザインもかっこいい近代的なデザインになっています。年代や性別を問わず使えそうです。冷水はもちろんですが、お茶、コーヒーなど、温かい飲み物が好きな人は、熱湯でも水素水を作ることも可能になっています。

お手入れは分解も簡単なので、丸ごと水洗いが出来、毎日清潔に保つことができます。本体価格は65000円と、少し高いですが、長い目で見ると、年間のコストはカートリッジ代を合わせても約2000円と、一度買えば長く使えるお得な商品です。他の水素水を作るウォーターサーバーよりも安めでお手軽ではないでしょうか。

軟水と硬水の事

2016-07-05

綺麗な水といえば安全で美味しく飲める水のことを指している人もいると思いますが、水には種類があり、ご存知の人も多いかもしれませんが、軟水と硬水があります。軟水と硬水、この違いはなんとなくしかわからない人もいるかもしれませんね。マグネシウム、カルシウムの含有量により硬度が決定されますので、それによって軟水と硬水の違いがあるのです。量が豊富に含まれているのが硬水で、そして量が少なければ軟水という区別です。軟水は飲めばとても口当たりがマイルドでやさしい印象を受けます。だし汁をとる、日本料理などを作るのにぴったりでお米をたく際にこの水を使うと美味しく炊けるということがわかっています。
硬水は飲むとひかっかるような飲みにくさを感じると思いますし、どこか硬さを感じるでしょう。これはミネラル、カルシウムが豊富に含まれている証拠で運動をしている人、スポーツの後の栄養補給にはぴったりですし、慢性的な便秘で悩みを抱えている人にとってもお勧めです。
ちなみに日本の水はもともと軟水です。そしてヨーロッパなどの水は硬水です。飲んだ際ののど越と含まれている成分によって違いますので、どちらが好みかは人によって違いますから選ぶ際に参考にしてみてください。

水の種類について

2016-07-05

ウォーターサーバーの会社によって提供されている水も色々とありますが、誰でも綺麗な水を飲みたいと思っているでしょう。会社により種類は色々ですが商品が水なので、自分好みの水で綺麗な水を選びたいと思っている人が大半です。種類としてナチュラルウォーターは人気ですが、こちらは、特定水源からくみ上げている天然の水を基にした自然由来です。未加工ではないのですが加熱殺菌をしている水としていない水にわけられます。
ナチュラルミネラルウォーターも綺麗な水の種類の1つです。これはナチュラルウォーターともいえるのですがミネラルが豊富で味があり健康への効果も期待されています。ナチュラルウォーターの中にミネラルが入っていると考えるといいでしょう。そしてミネラルウォーター、こちらはナチュラルミネラルウォーターを加工したものだと考えると理解しやすいでしょう。ミネラル含有量をコントロールしているのが特徴です。それ以外にはボトルドウォーター、RO水、ピュアウォーターなど種類があり、これらすべて綺麗な水として安全面でも安心して飲むことができるといってウォーターサーバーの会社では提供しています。どれを選ぶのかは自分の好みなどで選んでもいいでしょう。

水道水との違いはどこ?

2016-07-05

綺麗な水を飲みたい人はウォーターサーバがいいですが、水道水との違いはどこにあるのでしょうか。普通の水道水の中には消毒をするためにカルキを入れますので、においが気になる人も多いと思います。そして人体に必要となるミネラルも考慮して含まれているわけではありませんので、ミネラル摂取や健康のことを考えると水道水はいい水とはいえません。しかしウォーターサーバーの水はミネラルが豊富に含まれていますので手軽にミネラルを取り入れることもできます。
人にとって必要となる亜鉛を手軽に摂取することもできますので、そのメリットは大きいでしょう。亜鉛が体の中に不足をすれば抜け毛にもつながりますし味覚障害になることもありますから摂取をお勧めします。毎日の食事でなかなか十分な量を取り入れることは難しいですが、綺麗な水が出てくるウォーターサーバーを利用すれば手軽に飲むことができるというメリットがあるのです。
最大のメリットといえばやはり新鮮で美味しく綺麗な水を確実にウォーターサーバーをひねれば出てきて飲むことができることでしょう。水道水は消毒をして綺麗にはなってますが、別の意味であり体にとって安全とは言い切れませんから注意が必要です。

Copyright© 2010 どんなスペースにもすっきり馴染む人気のウォーターサーバーを使ってみました All Rights Reserved.